FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運鈍根 経営者に必要な成功条件 そして運の良さは自分の脳が引き寄せる

787-words-free.jpg 

成功者の絶対的条件 運の良さ、運を引き寄せる脳


経営者だろうと、芸能人だろうと、成功した人間に話を聞いたり雑誌のインタビューを拝見すると成功の秘訣を聞かれたら、「私は運が良かったから」と謙虚に答えている。
そういう人は、運に左右された人生の割にはずっと成功し続けている。

一方、才能だ、努力だ、とふんぞり返って自分を語り始めている成功者ほど、後々ポシャっていくか、大きな失敗をしでかしています。
そんな挫折を何度も味わい、真の人生経験を経て這い上がってきた人は、謙虚になっている。
だからこそまた成功をおさめるケースも多いけれど、そういう人は「運が良かったからまた成功できた」と言う。

そう考えると、何度も成功できる人は「運のよさ」「謙虚さ」を持っていると思う。
それがない人は、一度成功しても二度と這い上がれずに、失敗し続ける。

経営者の決断には運が必ず絡んでくる


経営者のような決断を常にくださなければならない立場の人間は、運に左右されると言っても過言ではない。
100%勝算が毎回あるわけでもないし、リスクをとって勝負をかけなければならないときもある。
結果は運に左右されることもしばしば。
本当に運がいい人間にならなければ、経営者としてやっていけないとつくづく感じる。

しかし、なぜ運がいい経営者、運が悪い経営者と分かれるだろう?
はたして運の総量は決まっているのだろうか?
運を使い果たすということはあるのか?
そう考えると、今運がいい状況が続いていても、謙虚にならなければならないと思う。
身の程を知ることが大事。
そしてその中で精一杯努力はしてみる。

運が悪い時どうすべきか


仮に運が悪くても諦めない。
諦めなければ、いつか幸運が巡ってくる。
そう信じています。

私は運命論者ではないですが、運が悪い時、自分自身が運が悪い行動をしてきたのだからと思うことにしています。
必ず原因があって運の善し悪しがあるんじゃないかと。

逆に幸運な人は、運を掴める行動と思考をしているに違いない。
かといって、こんな行動や思考をしたから、幸運が巡ってくるなんて不遜な考えはしていないだろうし、そこは謙虚に自分のやることをやる信念は持っていると思う。

そして運がいい人の特徴として、人がやっていないことをやる、人が考えていないことを考える、そして自分を信じているとだと多くの成功者と接して強く思います。
運がいい人は、運がいいものを引き寄せる脳みそを持っているのは確か。
そして、運が悪い状況に陥っても、自分を見失うことなく、ひたすら邁進する。
ピンチをチャンスだと信じ込めている人が、本当にチャンスにしてしまうのだと思う。

成功者の条件 運鈍根 運の良さ、鈍感さ、根性


そして鈍感さも大事だ。
よく成功者の条件として『運鈍根』と言われるが、すなわち運の良さ、鈍感さ、根性のことだ。
鈍感さも運を引き寄せてしまう条件だ。
同じ失敗をしても、鈍感なゆえに、万人がうろたえるところを平然と乗り越えてしまう強さを、鈍感さが与えてくれる。
うろたえて脳がダウンした時、運の悪さだけを拾ってしまうだろうし、ピンチのときの鈍感さが脳の動きを正常に保ち、さらにピンチであることは十分知っているため、更に研ぎ澄まされるんだろうと思う。

私も経営がピンチのときに、未熟者ながら一瞬そういう脳になったことがあり、ピンチをチャンスに変えることができ、大きな自信となりました。
脳の状態は、いついかなる時にも使えることが大事だと学びました。
鈍感さも、脳が鈍いから駄目なのではなく、脳が活性化するとても大事な要素だと本当に思う。

そしてバカになることが成功の秘訣なのも、鈍感さとリンクしているのではないか。

そして成功したとしても、成功への鈍感さもとても重要だと思う。
成功に舞い上がって、脳みそが浮かれてしまったら、その時から失敗の道を歩むことになるのだから。
失敗への鈍感、成功への鈍感はとても大事だ。

根性、愚直さ、その反対のこずるい脳


そして最後の根性。
これは最低限経営者がもっていなければならない要素だ。
ただし根性があれば何でもできるという根性論者になったら、大きなことは成し遂げられない。
根性は一つのことへの集中力突破力はすごいが、使い方を間違えると、広い視野で客観的に物事を眺められる重要な脳の働きを阻害してしまいかねない。

根性は視野の狭い根性では駄目だ。
しかし愚直さはとても大事。
それは鈍感さに通じる。
そもそもコツコツできない人間は、すぐ目移りをする。
そして失敗や成功について、リスクについて非常に敏感だ。
あれがいい、これがいいかもとフラフラして手を出し大やけどをする。
リスクを避けて、小さなことで美味しい思いをしようとして、大きな成功を逃す。

こずるいセンサーだけが発達するため、成功者に必要な鈍感さもない。
運も引き寄せられない脳をしている。
スケールも小さいし、そんな人間を引き上げようとする人はいない。
同じこずるい人間だけが集まってくる。
つまり足引っ張りをする人間にいつの間にか囲まれ、「こいつと手を組まなければ」と嘆くような運の悪い事態が到来する。

幸運を引き寄せられる人間、運に見放される人間(参考リンク 岩波の言葉・講演集)

すべては脳内でリンク。脳に成功の条件を組み込めるかどうか


運鈍根というのは、すべてにおいて密接にリンクしているんだな~
そして、謙虚さも必要だ。
特に成功したときにこそ。
運がいい経営者になるには、それらを持つことが大事だ。

運がいい悪いというのは、運命で決められているのではない。
自分で運の良さを引き寄せることが幾らでもできるものだ。
経営者はそれを徹底的に求めていかなくてはいけないし、結果が求められなくてもうろたえることもない。
そういう脳になっていなければならないと、強く感じる今日このごろです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シウンのプロフィール

shiun(シウン)

Author:shiun(シウン)
IT企業社長のブログ。人間関係に悩み、独立したもののコミュニケーション能力、営業力、交渉力のなさを痛感。倒産寸前、一念発起でそれら向上に励む。人間心理訴求の達人であるカリスマ講師とその会話の格闘術プログラム、脳覚醒プログラムとの出会いで、劇的にコミュニケーション能力向上。ひいては交渉術が上達。

この大不況の影響をひしひしと感じながらも、逆境に立ち向かっています。社長業をやっていると、たくさんの傑物、怪物、愚物に出会います。その差はどこから来るのか? 結局高い目標とそれを達成する力、リスクを好む生き様によって、変わってきます。さらに脳を覚醒させるために日々奮闘しています!

会話術は話し方の技術ではなく、自分自身の生き様の発露である
(シウン)
シウンのメールアドレス(ブログ内容に関係することなら歓迎です。メール待っています!)

シウンへのメールフォーム

シウンへのメールはこちらから。ブログの内容に関連したことなら何でもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽に、お手軽にどうぞ。仕事の合間合間に返信したいと思います。本気で自分の脳と潜在意識を打破したい方

おすすめリンク・相互リンク

我が師範の会話の格闘術プログラムへのリンク。 相互リンクして下さっている方へのリンク。 成功するためのおすすめのサイト、ブログへのリンク。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。