FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップに立つ苦しみと孤独、そして喜び 上に立つべき人間が持つべき資格と資質 経営者のブログ

トップや経営者に立つべきものの資質と覚悟 

上に立つ人間に必要な資質


トップに立つ人間は誰にも頼れない。
本質的に孤独だ。
そして何かあった時にぶれていてはいけないものだと思う。
動揺を見せたら最後、部下から頼り無く思われるし、競合他社から食い物にされる。
取引先にだって舐められてしまう。
本当にトップに立つってことは孤独な戦いで、覚悟をいつも強いられる。

@@トップに立つ人間が必ずしも必要ではないもの

トップに立つべき人間はどんな資質を持っているのか、立派なトップになるために何が必要なのか、あれこれ考えて書いてみようと思います。

最初に『才能』『頭の良さ』は必須ではないと思う。
頭がいい人間は部下にいればいい。
トップに立つべき人間はそれだけに頼ってはいけない。
もちろん頭がいいことに越したことはないけれど、部下があっての経営者だ。
経営者がオールマイティにやる必要はない。
トップに足りないものは部下が補ってくれる。

カリスマ性、自信、リーダーシップ


そういう意味ではトップはカリスマ性と自信とリーダーシップは必須だ。
そして、逆境に負けない不屈の精神力。
どんな経営者も経営がうまくいっているわけではない。
しかし、不可能だと思われた壁を不屈の精神力で乗り越えていっているのが、一流の経営者だ。

コミュニケーション能力、対人関係調整能力


コミュニケーション能力も大事だ。
部下とのコミュニケーション能力。
取引先との交渉力。
他の経営者らといい人間関係を作ることで、どれだけビジネスでぷらすにはたらくかわからないし、人脈をつくること、ものごとを大きく進展させてくれる人と出会うことは経営者がやらなければならない。

勇気、覚悟、決断力 不安はたくさん抱えていたっていい


勇気と覚悟、決断力。
どの経営者も不安だ。
不安がない経営者は、痛みを感じない子供と同じでいつか大怪我をしてしまう。
しかし不安で行動力と決断力が鈍った経営者は最悪だ。
経営者に限らず、どれだけトップに立つ軍人の弱気と不安のせいで、大勢の尊い命が戦争で失われてきたか。
トップの勇気と覚悟と決断力は部下にも確実に伝染してくれる。
覚悟がない時点で、トップに立つ資格はないと思う。
そして孤独に決断を下さなければならないのがトップのつらいところ。

明確なビジョンと洞察力、そして胆力


先を見通し、結果をこうしてやろう、いつまでにこうなっているという洞察力と明確なビジョンと胆力も必要だと思う。
トップは誰よりも先のビジョンを見通せていなければならないし、そのビジョンを達成するために何が必要か、いま何が足りないのか、冷静に客観的に分析できていなければならない。
そして、目的を達成するために、いつまでにそれをやるのか期限を決めることが必須だ。
それを何としてもやり遂げる力を持っていなければならない。
そのためには脳が死んでいたら駄目だ。
インスピレーションが覚醒して、脳が劇的に活性化した時、明確なビジョンとそれを成し遂げる胆力を持て、強烈な主観の力と冷静な客観後から両方を脳が併せ持った時、とんでもない成果を生み出せる。

脳が動いているか、覚醒しているか


私は一流経営者と凡百の経営者の違いは、そこにあると思う。
頭がいいとか関係ない。
まさに脳が覚醒しているかどうかだ。
常識にとらわれないしがらみから解放された脳だけが、とんでもない業績を打ち立てることができる。

独自のアイデアと独創性、インスピレーションの力


人がやっていないことをやる。
アイデアと独創性も必要だ。
いまどの大企業も、成功した企業の例をすぐ模倣している。
そこに独創性はない。
たしかにみんな猿真似ばっかりしていて、つまらないなと思うけれど、それは規模の経済の力が働いて他社の追随でも追い抜けるレベルにあるからだ。
しかし、大企業じゃない会社は絶対に独創性がなければいけない。
大企業が真似をしたくなるほどの。

そもそも大企業だって、最初は独自のアイデアと独創性で勝負し、成功できたわけなのだし。

情熱、熱意


情熱があるか?
リーダーシップやカリスマ性は情熱があるかどうかにかかっている。
熱意や情熱は、人の心を動かしてくれる。
そこに自信があるないなんて関係ないものだ。
情熱と明確なビジョンがあるからこそ、部下はついてきてくれる。
情熱と熱意は不安を吹き飛ばしてくれる。トップに立つべきものは責任を手放してはいけない。

責任、度量、器の大きさ


すべての責任を引き受ける覚悟が、部下の力を最大限引き出してくれる。
トップに立つ人間は部下の力を引き出してやることが何よりも必要だ。
部下を恫喝し萎縮させて、能力を発揮させてやれない人間にトップに立つ資格はない。当たり前だが心が整っていなければならない。
何があっても部下の前では動じない姿勢だ。
不安や焦りは感じてもいいと思う。
それが人間だし、それを克服してこそのトップだ。
しかし、必要以上にうろたえた時、一気に人心は離れる。

孤独を受け入れる強さ


そういう意味では、やっぱり経営者やトップは孤独な生き物だ。
孤独過ぎる。なんて寂しい奴らなんだ。
でも、それすら受け入れて覚悟を持って前向きに突き進むしか道はない。

学び続ける心、特に成功したときにこそ


トップが学ぶ心を失ったらおしまいだ。
つねに教えを請い、うまくいっていても奢ることなく増長することなく、小僧の精神で生きなければならないと思う。
成功した時こそその精神は必要だ。
どれだけ成功して、偉そうに成功体験や成功哲学をテレビカメラの前でべらべら喋った挙げ句、その直後からガタガタと経営が崩れていったトップを見てきたことかわからない。
頂点の時こそ、小僧にならなければならない。
常に学び続けることは大事だし、世の中には自分が思っている以上に知らないことだらけなのだから。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シウンのプロフィール

shiun(シウン)

Author:shiun(シウン)
IT企業社長のブログ。人間関係に悩み、独立したもののコミュニケーション能力、営業力、交渉力のなさを痛感。倒産寸前、一念発起でそれら向上に励む。人間心理訴求の達人であるカリスマ講師とその会話の格闘術プログラム、脳覚醒プログラムとの出会いで、劇的にコミュニケーション能力向上。ひいては交渉術が上達。

この大不況の影響をひしひしと感じながらも、逆境に立ち向かっています。社長業をやっていると、たくさんの傑物、怪物、愚物に出会います。その差はどこから来るのか? 結局高い目標とそれを達成する力、リスクを好む生き様によって、変わってきます。さらに脳を覚醒させるために日々奮闘しています!

会話術は話し方の技術ではなく、自分自身の生き様の発露である
(シウン)
シウンのメールアドレス(ブログ内容に関係することなら歓迎です。メール待っています!)

シウンへのメールフォーム

シウンへのメールはこちらから。ブログの内容に関連したことなら何でもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽に、お手軽にどうぞ。仕事の合間合間に返信したいと思います。本気で自分の脳と潜在意識を打破したい方

おすすめリンク・相互リンク

我が師範の会話の格闘術プログラムへのリンク。 相互リンクして下さっている方へのリンク。 成功するためのおすすめのサイト、ブログへのリンク。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。